いまどき車検の常識。車検のことをもっと知ろう

車検って実はよくわからない

車は、今や必需品ですね。特に郊外や田舎暮らしをしていると、車がなくては買い物にもいけないし仕事にもいけないんです。もう、一家に一台じゃすみません。一人に一台なんて家庭は田舎ではザラにありますし、その他作業用の軽トラックもあるから、家族より多い家庭すら存在します。そんな必需品の車ですが、日本では、2年に1回(新車なら3年後)に必ずしなければいけないものがあります。それが、自動車検査登録制度いわゆる車検です。

実は、誰でもできる車検

一般的に車検とは、継続検査のことを言い、自動車検査証の有効期限を伸ばすために行われる検査の事です。そして車検は定期点検とは違い、公道を走る上で最低限の保安基準を満たしているか確認する検査です。なので極端に言えば、保安基準に関係ない場所が故障していても車検には関係ないといえます。よって、いわゆるユーザー車検で所有者自ら検査を受けることが可能なわけです。でもほとんどの方は、整備工場や代行業者に車検をお願いしています。何故でしょうか?

車検のタイミングでじっくりと整備をしましょう

今でも、定期点検も法律で義務付けられていますが、罰則規定はありません。これは国産外国産を問わず自動車の耐久性がめざましく向上した結果と言えます。もうめったに故障などしないわけです。故障もしていないし、義務でもないならということで、定期点検を受ける人は減少しましたが、車検は必ず受けなければ道路を走ることはできません。そこで車検はじっくり整備を行う良い機会となっています。保安基準を満たす整備だけでなく、様々な箇所を整備点検することによって、不具合箇所を見つけることができ、安心して乗り続けることができるのです。ですので、車検は費用だけではなく、確実に整備の行えるのディーラー車検を選ぶのがおすすめです。

車検を何処で受けるか迷っていませんか。ガソリンスタンドなど、様々な割引が利用出来る為、お店を変えているなら、毎回担当者が変わるので、車の細かい変化に気がつかず、後で大きな故障につながることがあります。